ディンケル小麦といちじく酵母

e0269900_09423183.jpg

e0269900_09423579.jpg
ディンケル小麦のカンパーニュ。
ディンケル小麦とは、古代小麦の事で、
フランス語ではスペルト小麦と言います。
この古代小麦は、人工的な品種改良がほとんど行われておらず、
小麦アレルギーを発症し難い。

普通小麦は、表皮と胚芽にミネラル分などの栄養素が含まれていて、
それらは全て製粉工程中で除去されてしまう。
古代小麦は、そういう栄養素が内部に含まれているので、
身体にとって必須栄養素をより多く提供できるということ。

さらにこの古代小麦、厚い皮殼で、汚染物質や昆虫から内部の穀粒を守るので、
化学肥料、除草剤、殺虫剤、農薬を殆ど用いることなく栽培する事が可能という、
最強小麦。

いちじく酵母でカンパーニュを作りましたが、
パワーが、凄い…!
さすがです。
ボリュームを出す為、誰でも失敗なく作れるように、あれやこれやと足し入れて、添加して、品種改良して、
本来の小麦そのものの力はなくなっていったんでしょうね。

久しぶりに古代小麦粉を使ってみて、
改めて思い知らされました。


[PR]
by pancafeao | 2018-03-24 09:42 | bakerの日々 | Comments(0)


<< シナモンロールとジャズおばあちゃん つくりたいものはひとつ >>