<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

再登場!

e0269900_201414.jpg


宮崎、梅雨入りしました。
そして今日はすんごくムシムシ。あ~~昨年の夏が蘇る~~~。

今年もエスプレッソバニラシェイクと、エスプレッソバナナスムージーが再登場!

今年はホイップクリームをのせてココアパウダーをかけてさらにリッチに。

自分で飲みたいです...。



平日は基本的に私一人でお店を切り盛りしています。
混雑時にはお待たせしてしまうかもしれません。
本当に申し訳ないです。
どうか、ゆっくりとお時間のある時に、温かい目でお守りくださると嬉しいです。。。
[PR]
by pancafeao | 2013-05-29 20:11 | bakerの日々 | Comments(6)

テーマソング

私が前に仕事をしていた店で朝から一緒に働いていた方がいて、
当時から、なんか違う空気を感じてて、
色々と話してるうちに、「サンババ」というバンドを組んでいる事がわかり、
お互い音楽が趣味な事から、サンババのライブを聴きに行ったり、ジェンベでちょこっと参加させてもらったりしてました。

一年くらい、音沙汰なく、

私も、連絡こそ取り合わなかったものの、
ビートルズの曲聴くたびに、思い出してました。

そしたら、最近、お店に奥様とランチに来てくれました。


嬉しかったです。
お店始めて良かった。
縁があるっていうのはこういう事なんだろうなぁ。


と思っていたら、なんとまぁ、aoのテーマソングまで作ってくれちゃいました。
粋なことをしてくれます!感謝感激!



[PR]
by pancafeao | 2013-05-20 17:50 | bakerの日々 | Comments(3)

コラボレイション

e0269900_19462723.jpg


来週25日土曜日から、Kiyotake Nestさんのランチメニューに、うちのベーグルを使った
パンランチが始まります。

どんなランチになるのか、楽しみ~~~☆☆☆

aoのベーグルファンのあなた、是非ネストへ。。。!

Kiyotake Nest
http://nest-kiyotake.jugem.jp/
[PR]
by pancafeao | 2013-05-16 19:52 | bakerの日々 | Comments(8)

母の日

e0269900_19363119.jpg

良い天気の続いたGWで、
色んなお客様が、この店で思い思いの時間を過ごしてくれた事に感謝してます。

日頃の喧騒から離れ、ここでゆっくりリラックスして、パワーをチャージして、
良い気持ちで帰っていただけたら、


私の毎朝二時半起きも、報われるというものです...(笑)☆


母の日に、み花さんのアレンジメントを姉と二人で贈りました。
母の日のお花屋さん、凄まじいです!クリスマスのケーキ屋さんみたい!


労働に地味派手、格好良い格好悪い、関係ないです。
それぞれの仕事が人の24時間の生活の中で何らかの役に立っている。

私も、一労働者です。
[PR]
by pancafeao | 2013-05-14 19:52 | bakerの日々 | Comments(2)

今日が人生最後の日だとしたら

いよいよ明日からGW。
aoは通常通り営業しております。
ちょっと変わったのは、ラストオーダーを16時に決めたことです。

夜のBar Soundersのオープンが18時ということもあり、
昼間の展示物や色々を片づけて、夜と交代しなければなりませぬ。
スムーズに交代できるように、決めました。
よろしくお願いします。


ところで、なんだか最近ブログに書くことがパンカフェとはだいぶ横道に離れて行ってる気がするけど、
いっかな?自分の書きたいこと書きまっす。




アップルの創設者であるスティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業祝賀スピーチで述べた有名な言葉です。
最近つくづく考えます。




3つ目は、死に関するお話です。
 私は17の時、こんなような言葉をどこかで読みました。確かこうです。
「来る日も来る日もこれが人生最後の日と思って生きるとしよう。そうすればいずれ必ず、間違いなくその通りになる日がくるだろう」。それは私にとって強烈な印象を与える言葉でした。そしてそれから現在に至るまで33年間、私は毎朝鏡を見て自分にこう問い掛けるのを日課としてきました。「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」。それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです。
 自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。これは私がこれまで人生を左右する重大な選択を迫られた時には常に、決断を下す最も大きな手掛かりとなってくれました。何故なら、ありとあらゆる物事はほとんど全て…外部からの期待の全て、己のプライドの全て、屈辱や挫折に対する恐怖の全て…こういったものは我々が死んだ瞬間に全て、きれいサッパリ消え去っていく以外ないものだからです。そして後に残されるのは本当に大事なことだけ。自分もいつかは死ぬ。そのことを思い起こせば自分が何か失ってしまうんじゃないかという思考の落とし穴は回避できるし、これは私の知る限り最善の防御策です。
 
君たちはもう素っ裸なんです。自分の心の赴くまま生きてならない理由など、何一つない。
[PR]
by pancafeao | 2013-05-02 20:07 | bakerの日々 | Comments(4)